一括査定 direct|いくらかかったと

以前乗っていた車は、ボンネットのところがなぜか白っぽくなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいボロボロの中古車に見えてしまうのです。一応洗車をして査定をやってもらうと、ボンネットの白さが査定金額に響いてしまうそうです。カーショップに行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、手軽に艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とても綺麗になりました。親父からはいくらかかったと言わせるほどです。

再び買い取りのための無料査定を受けたところ、前回よりも査定額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、思いよりも高く評価されました。ボディの色なども問題なかった様子でした。白っぽかったあの部分も元々の色に戻す事が出来、より一層綺麗にすることができたのが嬉しかったです。

クルマを売る前には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すための手間などを比較するなどして、損しないと思ったら手入れするのも良いと思いませんか。私は1000円の投資で、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

一括査定 direct|つもりになっていましたが

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で売却することにしました。まずは近隣の車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万とのことです。この自動車は半年前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万の差が生まれるようです。

しかし44万円のマイナスには違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却することになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送代を取られてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.