引っ越し 見積もり 引っ子で一括査定|車を買い取ってもらうなら

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。でも素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してから送信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

引っ越し 見積もり 引っ子で一括査定|需要と供給がバランスよく

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、ある情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も関係していると思います。日本人の私は、日本の中古車は世界一と信頼しています。

今回売った車も国産メーカーの車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

この日本において、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.