自転車 パーツ 買取価格|走行距離は50,000キロ弱

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて台数をへらしてコストを減らそうというのが目的でしたから、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私のような素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していって送信していました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

自転車 パーツ 買取価格|査定をしてもらうよう依頼したところ

長く乗ってきた車を、もうすぐ来る車検のまえに思い切って売ることになりました。マンネリ化もあって、別の車を運転してみたいという思いが湧いてきたのです。

以前に比べ、最近は低燃費の車が多いのでガソリン代も節約できてOKです。売る車は高額で引き取って欲しい、そう思っていたので、高く買ってくれそうな業者を調べていました。すると一括査定サイトを使って、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、そこで参考になった査定額で満足しているみたいです。

これまでならば、近くの買い取り業者に、買い取り査定をしてもらうというのが一般的でした。でもそうなると、提示された査定額が適正と言えるのかどうか、私にはわかりません。でも比較サイトを活用すれば、近くの業者の中から高めの金額を提示してくれたショップにクルマの売却をお願いできるというメリットがあるのです。

それを知った私は、車種やグレードなど必要事項を入力して査定をしてもらうよう依頼したところ、驚くような高額査定だったので、ただただビックリです。すぐに業者に連絡して交渉したところ、簡単見積もりで出た金額と概ね同じような金額で買い取ってもらえることになりました。一括査定サイトを使っていなければ、そう思うだけで冷や汗ものでした。

私の場合ですが、想像できなかった高値で売れたので大大大満足です。いきなり売却というのも、不安感を持つ方もおられると思いますので、まずはクルマの相場を調べてみるような気持ちで始めてみるといいかなと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.