買取価格 ショップ|輸送賃がかかってしまいました

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車はとても無理でした。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で買い替えを考えました。まずは近隣の中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。この自動車は半年前に70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で手放すことになっていたかもと思えば助かりました。

この状態で持っていくつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。その為、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、はじめからそう言っておけば良かったと思い直しています。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。

買取価格 ショップ|グッズ代と手間を

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分が白くなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白さが目立ってやけにボロ車に見えていました。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定価格に影響があるようです。

カー用品があるお店に行って目立っている白い部分を戻す事は出来ないか見ていた所、簡単に艶を出す事が出来るグッズを見つけることができました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。親父からはプロにやってもらったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再び買い取りのための査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、想像以上に高く評価されました。気になっていた部分も影響はなかったようです。白く感じたボンネットも基の色に近づけることができ、それまでよりも艶やかな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。クルマを売る前には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディの艶がないときなどは、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額に変化が出る事も有ります。査定価格の上昇と輝きを出すためのグッズ代と手間を計算してみて、得な気がしたらやってみましょう。千円くらいの出費があっても、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.