買取価格 商品|2社に一括でお願いし

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私には今の車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

買取価格 商品|ネットを見たところ

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で売ることができました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットを見たところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。ただそれは海外に向けての話のようでした。

日本の自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、これはもしかすると海外で活躍するのかもしれないなと妄想すると夢が膨らみます。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

車を売却する時は、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。外国なのかもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよく取れているんだなと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.