車下取り リサイクル預託金|ですので後日来られる際に

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売ってしまうことになりました。家の近くの車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、6カ月で50万円も失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような準備をしていなかったようです。ですので、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もしも売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

車下取り リサイクル預託金|ということもあり

私の住んでいるところは結構ないなかで、車買い取りだけをやっている業者がないのです。引き取りしてくれるのは、車のディーラーか中古車販売しているところです。

約5年ほど乗ったクルマを手放すときは、急いでいたこともあり地元で査定見積もりしてもらいました。その査定結果ですが、大事に乗ってきた車なのに30万円ほどの査定金額にビックリしました。

ということもあり、ネットを使って査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で売ることができラッキーでした。一括査定で来てもらうことになった2社は、どこもテレビCMで名前をよく聞く車買い取り業者でした。空き時間もそれほどないので、時間を区切って見積もりしてもらいました。

午後からの業者さんはさわやかな方で、この車のこのカラーを求めている人がいるので査定額も勉強しますと聞かされました。査定価格も40万と10万円アップだったので、その方に売却しようとすぐに決断しました。その方は準備周到で、大きな輸送用の車で来ていたようでそのまま持って行ってもらいました。

遠くから呼ぶのもと思い込んでいましたが、地元の業者にしてもらった時より手間は少なく感じました。それから、面倒な手続きはほとんどやってくれるし、その上相場以上の価格で、ネットで査定を依頼してホント良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.