車売る 必要なもの|白っぽかったあの部分も

前に乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白さが目立ってオンボロ車のように見えてしまいます。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が査定価格に響いてしまうそうです。

ならばとカーショップに行ってボディの色を戻すような方法を探したところ、ボディの艶を出すような商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。親父からは新しく車を買ったのかと言わせるほどです。

もう一回無料査定を受けたところ、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、思いよりも高く査定してくれたのでよかったです。勿論ボディの色に関しては特に指摘もありませんでした。白っぽかったあの部分も周りの色に馴染ませられたし、より一層キレイな感じにすることが出来たのが良かったようです。

クルマを売る前には、車の艶を出しておくなどキレイにしておくとよいでしょう。またボディが白くなっている時等は、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額が上がるかもしれません。査定額のアップとピカピカにするためのアイテムの費用とを計算してみて、オトクになるようであればやってみましょう。1000円程度のワックスで、査定額が数万変わるんですからね。

車売る 必要なもの|よくて相場以下の20万円らしいです

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で手放したくなりました。家の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、よくて相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。単純計算では、半年で50万円も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売ることになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。その為、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.