車売る 掲載|輸送賃がかかってしまいました

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。ですが、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、半年少々で手放すことになりました。家の近くの自動車買い取り業者に査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。単純に計算すると、半年で50万円も失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売却するはめになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。その為、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

車売る 掲載|乗換することになりました

これまで乗っていたクルマを乗換することになりました。私はクルマの買い替え時はディーラーに下取りをしてもらえばよいと思っていたのですが、他にも方法があるようだと教えてもらいました。それが車買い取りでした。まだやったことの無いことだったので、何がどうなのかわかりませんでした。インターネットで一つ一つ調べながら、やっていきました。まずはよく見る査定が一括で申し込めるサイトを調べてからだと知ったので、このサイトを調べて、査定申し込みをしました。そして次に結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを家族で相談したのも覚えています。これまで何度か親がクルマを乗り換えている様子は見ていたからもあり、どれくらいの交渉の後で下取りされるのかは判っています。私が使っていた車の走行距離や年式車体の状態などから、希望額ほど高く見積もりしてくれるワケないと思っていたのですが、予測は外されました。予想以上の高額査定となりました。

もし下取りを選んでいたらどれくらいの価格になるか、ディーラーでも聞いてみました。その結果としては、クルマ買い取り業者の一部と同じような査定額でした。でもそれ以上の査定金額で買ってくれる業者もいましたので、迷わず買い取り専門店にお願いする事にしました。初めてだったけど、順を追ってやっテイクだけで、申し込み手続きも進められました。高く買い取ってもらう事が出来たお陰で、次の自動車を買い変える時の出費も減ったのでやってみよう行動して良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.