車売る 瞬間syunk.net|年間1万キロ程度なので

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、いくつか入力してからデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると上司に相談するので明日返事するとのことでした。その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車売る 瞬間syunk.net|車を売るときは乗ってきた車を

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、認知度が高い車や人気の車種が高く売却できるとあったのです。但しその理由は海外に向けての話のようでした。日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。今回売却したクルマも日本のメーカーですが、この車も外国で使ってもらえるのかもと思うと夢が膨らみます。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

車を売るときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかや次の乗り手を想像する楽しさがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

この日本において、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.