車売却 ガリバー|査定額は目を疑うほど違いました

新型の発売に合わせて、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万円位安い見積もりになっています。

今までは下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。複数の業者で査定を受けましたが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に観てもらうことて、実際に買い取ってもらえる額が判ります。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考値でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来ていただきました。

査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらいました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位だった業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の見積もりを提示してくれました。ネットでは70万を切った金額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車売却 ガリバー|珍車は高額になりやすく

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で売ることができました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売れやすいとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使用していたからもあり、大切に扱う習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界レベル以上と思っています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

この日本において、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.