車売却 名義変更|日本人の特徴でもある

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。思っていたよりもかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットでチェックしたところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。しかしある情報では予測通り、売れている自動車や人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私の考えも、日本の中古車は世界一と信頼しています。

今回売った車も国産車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、どこであっても可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときには中古車を購入したいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

車売却 名義変更|2社目で査定してもらってなければ

今回車買い取りをしてもらった車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。近くにある自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万とのことです。私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた大手の買い取り業者に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売却するはめになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていませんでした。そのため、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.