車売却 特別|新車で購入しましたので

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいですよね。ですが私には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

車売却 特別|お財布の都合で新車は無理でした

買い取りしてもらったクルマは1年ほど前に買った中古車です。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。ところが、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で手放したくなりました。職場の近くの中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万が上限とのことです。私はこの車を半年前に70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていたかもと思えば助かったともいえます。この状態で持っていくと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/01/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.