new3dsll 買取価格 tsutaya|経費を抑えておこうというのが

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

new3dsll 買取価格 tsutaya|車のディーラーか

私の住んでいる地域はかなりの田舎で、車を買い取るだけをやっている業者がないのです。引き取ってくれるのは、車のディーラーかガソリンスタンドだけです。数年のった車を売った時には、手間もないので近くのお店で査定してもらったのです。その査定結果ですが、大切に乗ってきた車でしたが30万ほどの見積もり額に驚くしかありませんでした。

ということもあり、ネットで見つけた査定サイトで算定してもらったところ、思わぬ高値で売ることができラッキーでした。ネットの一括査定の依頼で査定をお願いすることになった2社は、何れもネットやテレビなどで有名な買い取り業者でした。私もそうは休めないので、時間差をつけて査定に来てもらうことにしました。

後半に来たスタッフの方が気持ちの良い人で、この車種のこの色を欲しい人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいと聞かされました。気になる査定額は40万円と10万の差もあって、その業者に売却することに決めたのです。その業者のスタッフは準備周到で、輸送できる車で来られていたみたいでそのまま乗って帰られました。

手間がかかると勝手に考えていましたが、地元で手続きするより手間は少なく感じました。メリットとしては、めんどくさいと思う手続きもみんなやってもらうことができ、その上相場以上の価格で、ネットの一括査定を使ってホント良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車の買取価格が気になるなら無料一括査定がおすすめ All rights reserved.